藤原マサノリからのメッセージ

逃げずに愚直にまっすぐに!

 初当選以来、足掛け20年間
雨の日も雪の日も毎朝駅頭に立って積み重ねたその回数は4,368回(令和4年12月30日時点)
様々なご報告、ご提案に加え、時には青空市民相談室となって多くの皆さまとのふれあいが続いています。

 この姿勢こそが藤原マサノリそのもの。
私の政治信条なのです・・・。

流した汗は決意の証!純粋な思いを伝えたい。

▼画像をタップすると鮮明な文字でお読みいただけます
画像をタップすると鮮明な文字でお読みいただけます


画像をタップすると鮮明な文字でお読みいただけます

藤原マサノリ街頭演説4368回_令和4年12月30日時点

【配偶者扶養控除の見直し?】 (2023年02月03日)

週末金曜日は永山駅。薄曇りの空が寒さを助長する様だ。配偶者扶養控除の見直しが国会で取り上げられ始めたが、この話は今に始まった事じゃない。正直言って今更感が拭えないが…。とにかく、女性の就労機会の拡大の為にも急いで結論を出 […]

【子供達の未来を守りたい】 (2023年02月02日)

木曜日は唐木田駅。今日は近隣私立中学の入試日。それらしい親子連れが次々と改札口から降りてくる。こんな夢を持った子供達を支えたい。国をあげて政策の優先順位を大きく見直す時代になってきた。経済支援だけでなく、広い視野での教育 […]

【合意形成】 (2023年02月01日)

水曜日は聖蹟東口。昨日、市長部局から来年度予算案と日医大建替え問題の進捗報告があった。コロナ対策が落ち着いてきたので予算も安定感が。一方、日医大の建替えには、乗り越えなければならない大きな壁がそびえ立つ。日医大・多摩市・ […]

【血税の検証】 (2023年01月31日)

火曜日は多摩センター駅。今日は市長部局から来年度予算案の説明がある。市民の命と暮らしを守る予算がどの様に構築されているか…限りある財源の活用をチェックしてみたい。加えて、この3年間のコロナ対策費用の効果検証も欠かせない。 […]

【空き部屋提供】 (2023年01月30日)

週明け月曜日は聖蹟交番前。多摩市と言えば多摩ニュータウン。しかし、このニュータウンには沢山の空き部屋が目立つ。少子化・子育て支援に、この空き部屋に低所得の子育て世帯を優先的に提供する案が議論され始めた。ニュータウンの再生 […]

【数字と現場の違い】 (2023年01月27日)

週末金曜日は永山駅。今朝の新聞によれば全数把握をやめたあと、医療機関から厚労省に報告された感染者数は30万人以上少なかったとの事。現場の医師から聞いていた数字と実態の違いの話は本当のようだ。重症化は減少したが感染者数は変 […]

【実行再生産数】 (2023年01月26日)

木曜日は唐木田駅。今朝もマイクで皆さんの体調管理を促していく。多摩市民が3回までワクチン接種した方は全年齢を通じて人口の71%を超えた。これで重症患者は減るだろうが、一人の感染者が人にうつす数「実行再生産数」は以前として […]

【寒さに負けず】 (2023年01月25日)

水曜日は聖蹟東口。いつもの時間いつもの現場に立った瞬間「ヤバイ!」と感じた。異常な寒さで身体の震えが止まらない。マイクの声も震えがち。こんな日は成果も今ひとつ。でも、春闘の成果は上がって欲しい。世論調査では、国民の6割強 […]

【学校教育の責務】 (2023年01月24日)

火曜日は多摩センター駅。大寒波の今朝はいつにも増して完全防寒。昨日の総理の施政方針演説。異次元の少子化対策だが、お金を掛けるだけでは十分とは言えない。学校教育での責任も大きい筈。多様性だけでなく、結婚や子供を持つ意味も教 […]

【社会の闇】 (2023年01月23日)

週明け月曜日は聖蹟交番前。今朝から多くの方が声を掛けて下さる。そのあたたかい心に寒さも和らいでくる様だ。一方、凶悪犯罪か多発している。闇バイトのネットで知り合ったその日に犯罪を!なんと言う世の中になってしまったのだろう! […]