政策

MASANORI FUJIWARA 2022
今までだって変えてきた。これからも変えていきます!

 多摩市は現在「ニュータウンの再生、高齢社会への対応、子育て世代の更なる応援、災害に強いまちづくり」といった課題を抱え、東京の新たなる住まい方を創造するモデル地域として生まれ変わろうとしています。
 未来は批判や評論だけで築くことは出来ません。マサノリは、多摩市の皆様の生活の中に飛び込み、国や東京都との太いパイプをフルに活用しながら、首都東京の新たな「リーディングシティ多摩」の実現に向けて力いっぱい頑張ってまいります。
どうぞ、お力をマサノリにお貸しください。きっと、ご期待に応えて見せます!


◆命と生活を守るため、感染症対策と経済対策の両立を!

 コロナ病床の稼働状況を見える化し、医療人材の確保と配置調整を円滑に。
臨時療養施設を確保してクラスターを徹底防止。経済活性化のためにワクチン・検査パッケージの効果的な活用をすすめます。

◆ゼロカーボンシティTAMAの実現へ!

 今やSDGsは世界的な流れ。再生可能エネルギーの更なる推進・プラスチック減量化・食品ロス改善・次世代自動車の普及など、それぞれに具体的な目標値を設定し、先進都市として生まれ変わります。

◆多摩ニュータウンの再生と新たな都市基盤整備に全力を!

 URや都営住宅の建て替え問題に加え、総合病院・大型商業施設など都市基盤整備が見直しの時期に。住まい・医療は福祉の基本。高齢社会への対応も喫緊であり、停滞は絶対に許されません。

◆子育ての街TAMAをキャッチフレーズに!

 今まで誰も問題視しなかった多摩市の出生率の低さ。子育てしやすい街の創造に異論を唱える人はいません。子育て世代を助け、社会の宝である子供の育ちを幅広く支援します。

◆デジタルタウンTAMAを目指します!

 デジタル社会は新たな国づくりの柱になる時代。まずは市行政のデジタル化を推進。それにより業務のスリム化・効率化、働き方改革、窓口業務の円滑化など、新時代にふさわしい市庁舎を作ります。

藤原マサノリ 政策