政策

【政策】今までだって変えてきた!これからも変えていきます。
平成26年から10年間にかかる公共施設更新費用グラフ
多摩市は今後、市内にある全公共施設を改修・維持・運営した場合、10年間で上記費用(230億)を含めて845億が必要となります。しかし、国や都からの補助金や地方債等を最大限活用しても、まだ54億が不足しています。
多摩市の歳入・歳出グラフ

【必ず向上!みんなの健康】

がん治療・リハビリ治療の拠点病院と地域医療機関との連携強化
地域出張型でキメ細かく集団検診。認知症・生活習慣病等の早期発見
口腔ケアの徹底で誤嚥性肺炎の予防

【助けます!お年寄りの暮らし】

特養、グループホーム、サービス付き高齢者住宅の早期設置
夜間対応型訪問介護事業者及び人材の確保
宅配・買い物代行を支援。「買物難民」を救済
ニュータウン住宅にエレベーターの設置を促進

【もっと充実!総合医療体制】

若年・高齢者うつ病など精神疾患者向け医療ネットワークを確立
総合医療施設を持つ病院の増設または積極誘致

【充実します!みんなで子育て】

幼稚園保護者補助金の増額で公私間格差を是正
幼稚園預かり保育補助制度の支援拡充
認可・認証保育所増設、小規模保育施設の支援拡大で待機児童をゼロに

【守ります!こどもの命】

中学3年生までの医療費完全無料化
出産一時金を50万円に増額
病児、ショート、一時預かりなど保育サービスメニューの拡充
子宮頸がんワクチンの接種義務化をストップ

【刷新します!教育現場】

英語教育・理数教育のカリキュラム充実
小・中学生の体力を全国平均まで向上
小1プロブレムの解消実現

【はっきりさせます!国家の姿】

国家・国旗を尊重、伝統文化を大切にする教育の推進
道徳教育、ボランティア教育、職場体験学習の推進
自虐史観に満ちた教材・教育の排除

【応援します!高齢者・障がい者】

高齢者の一人暮らしの見守り体制の強化
障がい者の各種費用負担を軽減
障がい者の社会参加の機会を応援

【創ります!職住近接のまち】

優良企業・大学研究室の積極誘致で雇用を創出
市内遊休地を積極的に貸付へ。税収・雇用・活力アップ実現
学校跡地施設を自治体裁量で活用できる規制緩和実現

【実現します!3世代近居】

ファミリー定住にむけて転出・リフォーム費用の補助制度を創設
空き家住宅を活用した子育て世代の住み替え促進
3世代同居型住宅建設に対する各種減免制度の構築

【支援します!若者たち】

就労相談・職業訓練相談機能の充実
起業支援のノウハウ提供や資金援助制度を充実
生活・心のカウンセリング窓口を充実

【多摩ブランド向上!地域の施設】

旧管路収集センター跡に民活利用で中央図書館を建設
関戸1丁目(アカシヤ林)の開発促進
和田地区「コミュニティーセンター」を早期建設

【急速アップ!インフラの整備】

尾根幹線道路の拡幅及び沿道の土地の有効活用で新たな街開き
関戸大橋の架け替えを更に前進
市内全都営団地の早期建て替えを実現
BRT(専用レーン連結バス)の導入で公共交通網を一気に充実

【待ったなし!行革断行】

人事アセスメント制度の導入で、年功序列から能力評価へ
会計制度を企業会計に。単年式から複式簿記で使い切り予算を脱皮
財政委員会を常設。公金活用を徹底可視化