マサノリ元気通信

MASANORI FUJIWARA 2021
今までだって変えてきた。これからも変えていきます!

▼画像をタップしていただくと、より鮮明に読むことができます。
藤原マサノリ2021A

藤原マサノリ2021B

【元気通信 号外版】


当ページ下部のブログとともに、藤原マサノリの活動を綴っています。
画像をクリックしていただくと、PDFの閲覧、およびダウンロードが出来ます。

平成30年6月自動運転化(オモテ)のサムネイル

平成30年6月自動運転化(オモテ)

平成30年6月自動運転化(ウラ)のサムネイル

平成30年6月自動運転化(ウラ)

ブログ

【励み】 (2021年01月15日)

3952回目の朝は永山駅。多くの方が「ご苦労さま」「コロナ対策を頼むね」等と声を掛けて下さる。本当に励みになる。冥利につきる。有り難い。だからこそ市民目線に立って様々な対応策の効果を検証することが必要だ。苦しいけれど、政治が前を向いて進まなければ…

2021.1.15-1

【急いで患者の移動を】 (2021年01月14日)

3951回目の朝は唐木田駅。これまで11ヶ月で国内感染者が20万人だったが、ここへ来てたった23日間で10万人が増えた。公立・公社病院から民間病院にコロナ患者以外の方に移動して頂き、コロナ専用ベッドを確保する…東京都は躊躇なく急いで欲しい。

2021.1.14-1

【少ない人手】 (2021年01月13日)

3950回目の朝は聖蹟東口。緊張事態宣言も今日から11都府県に増加。朝の人手も、どうやら通常のおよそ半分と言ったところか。出来る限り人に接触しないで仕事をする工夫だが…議会の在り方もオンラインでの議会運営を検討し始めたところだ。コロナは様々な変革をもたらした。

2021.1.13-1

【オンライン開催に】 (2021年01月12日)

3949回目の朝は、多摩センター駅。雪が心配されたが、今回は天気予報が見事に外れた朝だ。ところで、多摩市成人式は結局オンライン開催に。開催直前になって東京都から自粛要請が多摩市長に入ったのだ。楽しみにしていた若者達には残念だったが、仕方がないだろう。

2021.1.12-1 2021.1.12-2

【いつもと同じ朝】 (2021年01月08日)

3948回目の朝は永山駅。緊急事態宣言発出で人手が気になったが、特に変化はない様だ。心の準備も含め、皆さん良い意味で対応慣れしている様だ。それにしても飲食店への一律6万円支援はピンずれだ。海外の様に店の規模にあわせた支援策を考えて欲しかった。

2021.1.8-1

【民間病院の開放を】 (2021年01月07日)

3947回目の朝は唐木田駅。いよいよ緊急事態宣言が発令。医療崩壊を防ぐにはやむを得ないと言うが。しかし、コロナ患者を受け入れているのは殆どが公立&公立的病院。民間病院の協力が進んでいない。海外に比べて病院数は多い筈。政府の要請・支援が甘いのか、病院側が非協力的なのか?

2021.1.7-1

【キーワードは支援の充実】 (2021年01月06日)

3946回目の朝は聖蹟東口。今朝はこいそ明さん、山崎ゆうじ議員と一緒の朝。若い仲間もお手伝いに来てくれている。ところで、特措法が心配だ。支援が中途半端な内容なら、法律を破っても売上を堅持しようとする店が続出するだろう。飴と鞭のバランスは、飴の充実に徹底すべきだろう。

2021.1.6-1 2021.1.6-2

【若者たちの為に】 (2021年01月05日)

3945回目の朝は多摩センター駅。今朝も若者たちがビラ配りに来てくれている。年明けから寒い中、本当に有り難い。こんな若者たちの為に政治があるのだと認識を強くした朝だ。ワクチンもアクティブに動かざるを得ない若者や現役世代から摂取する事も有りなのでは?

2021.1.5-1 2021.1.5-2

【謹賀新年】 (2021年01月04日)

今年最初の駅頭は聖蹟交番横。3944回目の朝だ。新年の今朝は、道行く方々の健康を祈りながらのご挨拶。今年も精一杯働く事をお誓いした。政府は第2回目の緊張事態宣言の発令検討に入った。先行きが不安だが、こうなれば出来る事は何でもやる覚悟だ。昨日の駅伝の様に大逆転を信じて。

2021.1.4-1

「激励&御礼に」 (2020年12月30日)

多摩消防署、多摩センター出張所、多摩市消防団の皆さんに…歳末特別警戒の激励と日頃の活躍に感謝!

55982